yuma-matsumoto

A.I世界を生きるとは by Joi Ito at TED2014 [via: TED Blog]

yuma-matsumoto:

Joi Ito at SIME'08

Some rights reserved by Citizen Media Watch

MITメディアラボ所長 伊藤譲一(Joi Ito)さんのTED2014でのプレゼンについてのTED Blogのクイックレポート “Instead of futurists, let’s be now-ists: Joi Ito at TED2014" を日本語訳しました。

先週カナダのバンクーバーで開催されていたTED2014のテーマは”The Next Chapter”。総勢70名以上のスピーカーが登壇したメインステージでのプレゼンテーションは、延べ5日間にわたり12のセッションに分かれて行われました。

NHK Eテレで放送中の「スーパープレゼンテーション」のナビゲーターを務める伊藤譲一さんもその一人。この記事は、最終日のSession 12に登壇された伊藤さんのプレゼンのクイックレポートです。

まだTED2014でのプレゼンのアーカイブムービーは公開されていませんが、このレポートからキーメッセージを僕なりに要約すれば、「インターネットの登場によって混沌で予測不可能な世界 (A.I: After the Internet) になった今重要なのは、軸足はあくまでも未来ではなく現在に置き、状況の変化に合わせて自ら学ぶ姿勢で物事に臨むこと

ちなみに今回のレポートと同様の内容は、TEDxMidwest2013でもプレゼンされています。こちらのトークのタイトルは “Seeing the Future" となっていますが、トークを聴く限り、これは“時代を先取りしよう”ということではなく、インターネット登場以前と登場以後で、“将来を見据える際の姿勢が変わった”という意味で付けられているのだと思われます。

====================

TED Blog: Instead of futurists, let’s be now-ists: Joi Ito at TED2014(日本語訳)

Read More

wtfevolution
wtfevolution:

A parasitic louse that crawls into your mouth, vampirizes your tongue, then clamps itself onto the withered stub so it can ride around inside you and drink your mucus for the rest of your mutual lives? Why, yes. It’s called symbiosis and it’s beautiful.
What? Relax. It’s going to be fine. This isn’t going to hurt. You won’t even miss your tongue—once the louse is latched onto the muscle, you can simply use its body as a tongue instead. These are exactly the kind of details that evolution has worked out for you, because evolution loves you and it wants you to be all right.

wtfevolution:

A parasitic louse that crawls into your mouth, vampirizes your tongue, then clamps itself onto the withered stub so it can ride around inside you and drink your mucus for the rest of your mutual lives? Why, yes. It’s called symbiosis and it’s beautiful.

What? Relax. It’s going to be fine. This isn’t going to hurt. You won’t even miss your tongue—once the louse is latched onto the muscle, you can simply use its body as a tongue instead. These are exactly the kind of details that evolution has worked out for you, because evolution loves you and it wants you to be all right.